Welcome
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちぢ美のことでたくさんの方にご心配おかけしております。



一昨日記事をアップした後、夜中の3時頃にはもう虫の息でした。

のどの腫瘍が時間ごとに大きくなるのか?苦しいのか・・・もう何も口にしません。

いつもならハウスの中にいるのにハウスの外出て倒れるように寝ています。

体をさわってももう目も閉じたまま息だけをしてる状態です。

そんな子に無理にミルクを飲ませるのも苦しいだけなのでそっとそのまま寝かせておきました。



その1時間後か2時間後、ちぢ美は一人で静かにハム星に旅立ちました。

すごくがんばりました。本当に小さな体で精一杯がんばってくれました。



私は去年なによりも大切な最愛の犬「ジョン」を14歳9ヶ月で亡くしています。

そんなどん底を乗り越えてきて強くなったつもりでいましたが、、

ちぢ美のことでここまで涙がとまらずショックを受けてしまった自分にビックリしてしまって

います。




翌日(昨日)はジョンと同じお寺で火葬していただきました。

人間のお寺ですがとても丁寧で動物に重きを置いているのがわかったのでここにしました。



2008 03 19 009



ちぢ美との出会いは近所の2人の犬友達とペットショップに犬を見に行って、

ハムに興味もなく知識もないまま、すすめられるがまま衝動買いをしてしまいました。

帰りの車の中で3人で一緒に名前も決めました。

そんな安易な気持ちで飼ってしまったちぢ美ですが、ちぢ美との出会いがなかったら

なむる・こむたん・くまとも出会うことがなかったでしょう。

ハムスターなんていう私にとって未知の世界の扉を開いてくれてグングンと引き込んで

くれました。

私にとってちぢ美は大きな大きな存在でした。


その時の友人二人も一緒にお寺に行ってくれて死に水をとってくれました。

2008 03 19 007


ちぢ美は新しく使うはずだった砂風呂の箱の中でお花に囲まれ旅立ちました。

お寺の方が丁寧に骨の一つ一つを説明してくださり、小さな骨壷の底にちょっとだけ・・・

ますます小さくなってしまいました。


2008 03 19 003



ちぢ美はジョンとも仲良しでした。

だからきっと今頃は世話焼きのジョンがちぢ美の面倒をみてくれていると信じます。

img_1486983_31459998_4.jpg

左がジョンの上でお散歩中のちぢ美、右は寝ているチェリー(現在14歳10ヶ月)の横で遊ぶちぢ美



2008 03 20 006

家に戻り、ジョンの仏壇の遺骨の前にちぢ美の小さな骨壷をおきました。

o.jpg

ひま種もてんこ盛り、もういくら食べてもいいよ


たくさん撮りためていたちぢ美の写真ももう発表する機会もなくなってしまったので

ここで親ばか写真集を載せます。

よろしかったら元気だったころのかわいいちぢ美を見てくださいね。

7.jpg

8.jpg


動物を飼うということ、その子を看取るということは飼い主の義務です。

それが15年ベッドも共に一緒に暮らしてきた5キロでも、1年半ちょっとの30グラムでも、

悲しみは大きなもので簡単に乗り越えられないものでしょう。

それなのに飼ってしまう。それだけ大きな喜びと幸せをくれるからなんでしょうね。



ブログ歴もまだ浅いのにちぢ美のことを心配していただき激励や助言を

いただき本当にありがたく思っています。

ブログがある方のところには数日したら遊びに行きます。


ウチにはチェリーはもちろん、なむる・こむたん・くまがいます。この子達の為にも

これからも楽しくがんばっていくつもりです。


6.jpg







最後に誰にも言ったことにないちぢ美との秘密・・・

ケージの扉を開けて顔を近づけると・・・必ず飛んできてチューしてくれていました。

それなのに、「出してくれー」とは一度もわがままを言ったことがない。
生涯怒らなかった。
もうこんな子に出会えないんだろうな・・・

大好きなちぢ美、今までありがとう。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
}